映画@日本

「百万円と苦虫女」

監督:タナダ ユキ

出演:蒼井優 森山未來 ピエール瀧 竹財輝之助 齋藤隆成

61bluniumzl__ss400_

ロードムービーの主人公は大抵

今の自分から変わりたい為だったり

本当の自分を見つけに行ったり

そういう理由で旅に出るような気がします。

 

でもこの作品はそうじゃなくて自分を探さない旅に出ます。

旅の目的は「訪れた町でとりあえず100万円を貯めて、貯まったら次の町に行く」

明確なゴールがあるわけじゃなくて旅をする事が明確なんです。

 

だからなのか基本的に旅の途中で出会った人たちとのふれあいは

ひとりを除いて素通り的な感じ。

常に調子の悪いような毎日がボチボチ続く感じ。

  

でもそれが悲壮的な感じにはならないし

安っぽくなりそうだった結末の展開 私は好きです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「東京ゾンビ」

監督:佐藤佐吉

出演:浅野忠信 哀川翔 古田新太

51yf77z0jnl__ss500__3

まず、ジャケットを見て大笑い。

翔さん、はげてますから。

  

東京にゾンビが出るんです。

とりあえず  

“考えるんじゃない、感じるんだ”

の一言がとても似合いました。

  

なんというか

こんだけの二人が出てこのB級さかげん・・・!

そこがたまりません。

 

すごく好き嫌いがはっきりした映画だと思いますが

どっちにしても

口をあんぐり開けて見れます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「闇の子供たち」

監督:阪本順治

出演:佐藤浩市 江口洋介 宮崎あおい 妻夫木聡

51zeyvykz0l__ss400_

作品を見たのは去年の夏ごろですが言葉にするまでに時間がかかりました。

 

タイの子供たちの人身売買や幼児売春、臓器移植の話

東京から地図でわずか20cmの場所で起きている現実です。

 

見て幸せになれる映画ではなくて

お勧めできる映画でもなくて

でも沢山の人が見るべき映画だと思いました。

  

お金があったら何をしてもいい?

お金のためなら何をしてもいい?

そんなことを考えられるのは日本という国に生まれているからこそだと痛感します。

 

現実に起こっていることだけど

問題提起しているだけで解決策は提示することはないです。

それを悔いても結局は自己解決で

すぐに気持ちは薄らいでいくんでしょう。

  

この映画を見ただけで何かが変わることはないです。

それでもこうして現実が存在すること。

無知が最大の問題ならば悲しい事実でも

せめて知らないよりはいいような気がしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「めがね」

監督:荻上直子

出演:小林聡美 もたいまさこ 加瀬亮

Megane01_2 

余計なものはいらない。

そんな感じ。

おいしい料理を食べて

たまには体を動かして

たそがれる。

 

遠慮するわけでもない

無理強いするわけでもない

あっさりした人たちとの距離感が

とてもいいなあと思いました。

  

ゆったりとしててゆる~い作品なので

現実離れしているようだけど

ほんとに正しいことを

シンプルに教えてくれてるような気がしました。

 

「かもめ食堂」も同じ監督の作品ですが

どちらも、「彼女たちが、何故ここへ来たのか」は語られる事はないです。

自分を重ねられるような親近感がわいてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アヒルと鴨とコインロッカー」

監督:中村義洋

出演:濱田岳 瑛太 松田隆平

原作:伊坂幸太郎

Big

見逃してもいいものもあるかもしれません。

目に見えるものだけが本当じゃないし。

私は、見逃したいし見逃してしまうだろうなあ。

 

間違ったことかもしれないけど、本人にとってそれが

正しいことならばそれは間違いではないと思いたいです。

 

自分の中での正解を恥じずに人生を生きてみたいものです。

  

大切な人を失う悲しさ。

淡々と淡々と進んでいくお話だなあと

思っていたら独特の空気の中でだまされました。

 

でも涙が出るわけでもないし衝動にかられるわけでも。

でも貫き通すことってかっこいいなあと思えました。

 

この作品を見て思ったことは

外国人に対する日本人の価値観。

差別しているつもりはないんだけど、なんとなくわかる。

コミュニケーションを取れないとストレスになる

それが人の本音なんだろうなあと思ったり思わなかったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ただ、君を愛してる」

監督:新城毅彦

出演:玉木宏、宮崎あおい

原作:市川拓司「恋愛寫眞 もうひとつの物語」

41ybj9xtkzl_ss500_

「好きな人が好きな人を好きになりたかっただけ」

   

気づいたときには遅すぎることとはよくある事です。

だからこそ、その時の自分の気持ちに正直に生きることが大事なんだろうと。

でも、そうはうまくいかないのが人生です。

それってとても切ないです。

 

だからこそドラマになるんでしょうか。 

  

宮崎あおいの可愛さにはじめて気付かされた作品です。 

本当に可愛くて泣けるくらいです。

 

この作品は以前紹介した「恋愛寫眞」のもうひとつの物語として

書かれた作品だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「それでもボクはやってない」

監督:周防正行

出演:加瀬亮, 瀬戸朝香, 山本耕史, もたいまさこ, 役所広司

41qlrvfbj8l_ss400_ 

人が人を裁く事の難しさ。

人間が社会を作り

その中にはルールがあります。

ルールに守られているはずなのに

「真実」が認められないという落とし穴。

  

一度疑われてしまうとたとえ「無実」であっても

それを証明するのはとても困難であることを痛感させられます。

誰にでも起こりうる痴漢冤罪を題材としているため

より現実を感じさせられました。

 

「疑わしきは罰せず」

これを観るまでは、なんで罰さないんだろうって

思っている自分がいました。

 

グレー≠黒 だから罰しちゃいけないんですよ。

    

見終わった後、すごい憤りを感じましたが

これは何に対してなのか答えが出せません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「colors」

監督:柿本賢作

出演:村上淳 松岡俊介 三石研 川村亜紀

Zenin1    

「colors」なのにDVDのジャケットは白。

そんな事と出ている役者さんにひかれ何気なく借りた作品です。

  

無気力な男

自分に全く自信がもてない女

独房の死刑囚の男

夫の帰りをただ待つ女

女に裏切られた男

運命を待つ女

自分の存在を否定する男

    

それぞれ別の色がついた箱という閉鎖的な中での話。

背景をもたない箱の中の自分とリアルな生活の中の自分。

大切なものを失いたくないと思うときには、

決まって失ってしまいそうになってからだった。

   

後悔先にたたずとはよく言ったものです。

でも後悔って別に悪い事ではないような気がします。

    

「絶望の中にこそ、希望はある」

これも名言です。

でも断言は出来ません。

絶望する前にも希望は見出せます。

        

やりたいことを沢山詰め込んだ作品でした。

   

監督は柿本ケンサクという方で映画を作った

2006年に24歳になった若手の監督です。

はじめて柿本作品を見ましたが、分かりづらい世界観や表現力

私は好きです。

他の作品も見てみようと思いました。

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「メゾン・ド・ヒミコ」

監督:犬童一心

出演:オダギリジョー 柴崎コウ 田中泯

51h0802pdhl_ss500_

「メゾン・ド・ヒミコ」
ゲイのための老人ホーム。
賑やかで、悲しくて、温かな場所。

覚悟を決めて生きることの
しなやかで儚くも逞しい美しさ

そんな生き方に魅せられ憧れてしまいます。


さほど潔くなくとも
空々しく生きる人々の
ゆるく爽やかな日常

そんな生き方に自分は交ざりたいです。

       

人は一人で生きてるんじゃないってこと。

苦しみ、喜び、悲しみ、エゴそれとせつなさ。

色々感じる映画でした。

大事なものは、もう手に入っていて

近すぎてみえなくなっているのかもしれません。

   

犬童監督の映画はあたたかくて「ジョゼと虎と魚たち」も好きです。

   

儚いという響きが昔から好きなんですが人に夢と書いて

儚いなんて、なんてこったいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「さくらん」

監督:蜷川美花

出演:土屋アンナ、菅野美穂、木村佳乃、夏木マリ、安藤政信

音楽:椎名林檎

原作:安野モヨコ

51dlwosyx4l_ss500_  

江戸時代の花魁のお話。

 
紅をイメージとする極彩色の映像が毒々しいまでに綺麗で圧巻です。

美術も着物も小道具もそれぞれがため息が出るほど豪華

ワンシーンごとにきれいな写真を見ているようでした。

   

障子の向こうに一面の桜。

紅の中のピンクは引き立たないようで圧倒的でした。

  

思うにこの映画はあんまりストーリーとかに重きをおいてないのかも。

色彩豊かな映像と情感たっぷりな音楽

それらが情報過多でくらっとしてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (4)