映画@イギリス

「フル・モンティ」

監督:ピーター・カッタオネ

出演:ロバート・カーライル

31yem0d2pfl_ss500__1

英国ワーキングクラスの悲哀を描いた映画です。

空が、イギリスを感じる。

グレーのどんよりとした曇り空。

その下は鉄鋼場の広いだけで暗い陰気な建物。

   

一儲けの手段が「ストリッパー」

集まった仲間達は、皆金欠のさえない中年男ばっかり。

どん底の失業者が音楽やバレエに希望を見出して……

というのはある意味キレイゴトなんだけど、

   

この映画は

他のそういう映画とは違って、「ヨゴレになっても生きてやる」という

主人公たちの貪欲なエネルギーを描いているところがいいです。

で、主人公たちダメ人間は、ラストまでダメ人間のままです。

すこしも成長しません。

 

ダメ人間なりに生きてることを楽しんでいる。

そういところがとても爽やかな映画でした。

なんでもかんでも必死にやっていれば、

ツライことが滑稽に見えてくる。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)