映画@アジア

「運動靴と赤い金魚」

監督:マジット・マジティ

出演:ミル=ファロク・ハシェミアン, ミル=ファロク・ハシェミアン, バハレ・セデキ

Photo    

「自分は心がすさんでるんじゃなかろうか」

と思わせられる作品でした。

   

ひとつしかない妹の靴をなくしてしまった兄。

新しい靴なんて買えない貧困な生活です。

そんななかひとつの靴を変わりばんこに履きながら

なくした靴を探します

そしてマラソン大会で3等の賞品である靴を

妹のために手に入れようと頑張る愛しいお話です。

   

何気ない日常の話でとくにすごい事が起こるわけでもない。

でも、一生懸命なおにいちゃんをみていつまでも応援したくなります。

      

貧乏だけどひとつのものを大事に大事に使う彼らと、

消費することが当たり前になってしまってるわれわれと、

どちらが貧しいでしょう。

なんだかそんな事を考えさせられる映画でした。

 

豊かなことと幸せなことは本当に一緒ではないです。

   

私も兄がいます。弟も。妹も。

姉がいればビンゴです。

当たり前に仲の良い兄弟がいてとても嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)