映画@スペイン

「あなたになら言える秘密のこと」

監督:イザベル・コイシェ

出演:ティム・ロビンス サラ・ポーリー

原題:The Secret Life of Words

51dmqxeiw4l__ss500_

『死ぬまでにしたい10のこと』がとても良かったので

こちらの作品もとても観たかったものです。

  

観る前に思っていた作品の中の「秘密」は

私が思っている以上に衝撃的で重いものでした。

   

映画の中では色々と語らない細々としたものが

後になってわかるようになっています。

感情表現が言葉ではさほど語られず、行動で示されます。

  
     
過去をどう抱えて生きていくか。

自分に置き換えてもそうだけど先に進むために感情を鈍磨させてみたりしても、

それはなかなかうまくいきません。

       

なんにせよ、戦争はいけないです。

大儀は大儀なんかでは絶対ないと思うし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「海を飛ぶ夢」

監督:アレハンドロ・アメナーバル

出演:ハビエル・バルデム ベレン・ルエダ

51ffd0q5ael    

「尊厳死」について。

人は生と死を常に考えず生きていると思いませんか?

自分の生きる事生きている事は、

当たり前の現実なのでしょっちゅう考えてたら逆に辛いです。

    

私自身、「死」を意識する病気になった事があります。

それまで思っていた「死」とはあきらかに違う恐怖感がありました。

 

「死」を選択しなくてすんだから思えた「生きる」ことの大切さ、難しさ。

そして、自分が歩いて生きていられる事の幸せ。

「当たり前の有難み」に気付きました。

  

劇中で

『この28年4ヶ月、一度も人生を楽しんだことがない』と

主人公が語ります。

彼は周りの誰からも愛されていて この恵まれた人間関係という、

無形の宝物の有難みを全く分かっていないかも知れません。

それは自分に置き換えても同じで、 当り前にそこにあるモノに

対して 改めて感謝の気持ちを見い出すのはなかなか難しい事です。

 

自分だったら。

大切な人だったら。   

答えが出ません。   

ラモン・サンペドロは実在の人物です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「死ぬまでにしたい10のこと」

監督:イザベル・コイシェ

出演:サラ・ポーリー

51fk1tygr6l_ss500_

candy

ジンジャー味の

甘いけど辛い

そんな自分の人生。

 

終わりを自覚した途端、人は時間の密度があがる。

これはそうならないとわからないこと。

そうなっても悲しいことに、いつかは風化してしまう。

なかなか「いま」に集中していくことができません。

でもそれが人間なんだろうと思います。 

 

my life without me

自分のいない自分の人生に、

家族を想う気持ちと

自分を想う気持ちが

アンバランスに淡々としていて

考えさせられました。

 

もしものことがあったら

会おうと思った人にもう会えない

ありがとうって言い忘れてるかもしれない。

   

ひとことが大事なことで

簡単なことなのに難しいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)