« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

*シュシュ

小学生の頃おだんごにした頭にお母様がよく付けてくれました。

男子に「ドアノブ頭」とからかわれたようないじめられたような

淡い思い出がよみがえりますconfident

 

ここ最近のマイブームなので買い集めておりましたが

ふと作れるんじゃないかと思い作り方を調べて作ってみました

Y4416222img600x4501208945251p100064 

あらあら以外とても簡単です。

 

①切って②縫って③折り返して④ゴムを通して

はい出来上がりhappy02

   

こちらのサイトの作り方を参考にしました。

シュシュ作り方

  

レッツシュッシングしてみてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

TERPIN(テラピン)

今回のおすすめはTERRAPIN(テラピン)です。

Dscf9521

お店は下北沢の商店街の横道を入ったところにあります。

下北沢に行くと必ず行ってしまうくらい好きなカフェです。

     

コンクリートが打ちっぱなしの店内には

座り心地の良いアンティークなソファと

これまた味わいのあるテーブル、アメリカンな雑貨たち。

店内は明るすぎず暗すぎずの落ち着く照明。

442127418_605b65b58b

こういう空間本当に大好きです。

    

私がこのお店を好きな理由はこれ以外にもありまして・・・

Smkt_terrapin_10   

こちらのお店の壁には沢山のファイヤーキングのマグが飾ってあります。

それもとても珍しいプリントマグばかりですshine

見ているだけでも楽しめちゃいますconfident

 

以前ブログのお気に入りでも紹介しましたファイヤーキングですが

私がファイヤーキングを好きになったのは

このお店と出会ってからなのでした。

以前のブログ→ファイヤーキング

   

こちらのお店は

ファイヤーキングのマグカップで飲み物を

お皿で料理をいただくことが出来るんですhappy01

Sp1010828

だからなのか友達の家に来ているような感じがして

居心地がよくついつい長居をしてしまいます。

エチオピカモコーヒー&ベイクドチーズケーキ 

を食べながらまったりがおすすめです。

      

*お店の名前の「テラピン」とは亀の名前。

亀のようにあせらず、のんびりと歩んでいきたいと

という願いがこめられているそうです。

*下北在中のKさんお元気ですか?  

  

TERRAPIN(テラピン)

住所:東京都世田谷区北沢2-18-5高橋ビル2F

TEL:03-5779-6740

営業時間:16時~25時(不定休)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

*マスク

かろうじて花粉症ではない私です。

でもインフルエンザにはなるし風邪はひくし

今は気管支炎なるもので苦しんでおります。

  

咳ってすっごい体力を使いませんか?

良いことといえば腹筋がきたえられるという事でしょう。

   

だからなわけではないですがマスク作ってみました。

作ったというよりこさえた感があります。

とても簡単なのでぜひ作ってみてください。

Yuubananaimg600x4501205394225cimg55 Yokoranrubyimg600x4501206665277uj__

用意するもの

布(ダブルガーゼがおすすめ)縦30cm×横40cm、ゴム

①布の上と下を少し(1cm)折ってから三つ折り。

②左右も三つ折り

③両端2cm位の所を縫う。

④縫ったところにゴムを通す。

Jmrrf903img600x4501203830262523    

しかしもっと簡単なのは布をマスクくらいの

大きさに折って左右を縫うだけです。

  

こさえてみたもののまだもったいなくて使えないでおります。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

「ミトン」

監督:ロマン・カチャーノフ監督

51k21zn4pel

「チェブラーシカ」のスタッフが送る 

「ミトン」「ママ」「レター」

3つのお話が収められたそれぞれ10分程度の短編集です。

  

「かわいい」という言葉それだけではないんだけど

でも本当にかわいいです。

   

最近悲しいということの他にかわいいとか楽しいとか

そういう事で泣けてきます。

この作品もその一つです。

     

10分程度の作品の中でせりふは一つもでてきません。

だからかもだけど

言葉以上の気持ちが表情や動作で伝わってきます。

 

子供の気持ちもわかるし母親の気持ちもわかる・・・。

きゅんとしたりほっとしたり懐かしかったり

見たてあそびは、今でもそんなに変わらないけど。

やさしい気持ちになれたりします。

  

かわいい中にも1976年旧ソ連の作品なので

共産圏らしい生活振りも垣間見られ

奥深くに潜む寂しさも感じられる作品でもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファイヤーキング*

お気に入り*1

ファイヤーキング FIREKING

070

「ファイヤーキング 」とは

アメリカのアンカーホッキング社が1942年~1976年にかけて

製造していた食器です。

耐熱性に優れ、丈夫で実用的

ぽてっとした形、半透明の色、デザインの可愛らしさ

それになんともいえない暖か味。

出会った頃から愛してやまない食器です。

残念なことに1976年で生産が終了しています。

ということは今あるものは30年前のもの。

30年たっても世界で愛され続けてるってすごいですよね。

 

こちらは我が家のファイヤーキングさん達。

067

コレクターなんてめっそうな事は言えませんが少しばかりの収集家です。

その中でもお気に入りはキンバリーマグとShellのカップ&ソーサー

071 073_2

ファイヤーキングには種類が沢山ありますが(下に紹介を少々)

マグカップにもそれぞれ種類があります。

 

ちなみに欠けてしまっても多肉植物を植えたり

ドライフラワーを飾ったり

置いてあるだけでも可愛いのです。

072

  

毎日の生活の中にお気に入りがあるだけで気持ちは癒されます。

だからなのか必然的にひきこもり気味チックです。

何かをしようとかどこかに行こうと思いたったときに

まずはお気に入りの本を探り、

そしてそれを読む為に何かを飲もうかなと思い

お気に入りのお茶を選び

それを入れるためお気に入りのマグを選ぶ。

そしてそこまでの時間に満足してしまうわけです。

次回はお気に入りのお茶のお話をさせていただきたくconfident

 

ファイヤーキングの種類

Jadeit ジェダイ(ジェイド)

M201 J43

ファイヤーキングといえば真っ先にこちらが浮かぶと思います。

翡翠色のアイテムです。

ジェダイというのはあくまでカラーバリエの一つで

色々なシリーズに見られます。

  

Turquoise Blue ターコイズブルー

M202 T3

1956-58年にのみ製造されとても希少価値が高く

入手困難といわれるシリーズです。

ジェダイと一緒でマグカップ、プレート、ボウルなどアイテムが豊富です。

 

Jane Ray ジェーンレイ

J10 J92

1946-1965年

規則正しくストライプ状にエンボスが入ったシリーズ

  

Restaurant Wear レストランウェア

85 113

1948-1967年

数あるファイヤーキングの中でも1.2を争う人気のアイテム。

程よい厚みと質量感があり、ぽってりがっしりしています。

ちょっとくらいぶつけてもガンガン洗ってもへこたれいので当時

学校なので沢山使われていたそうです。

  

Shell シェル

J73 J26

1965-1976年

貝殻のような美しいうねりのあるデザインが特徴のシリーズ。

スワールシリーズと共に上品な印象があります。

フチが帆立貝のようにうねうねしているデザインが

スワールシリーズとの違いの一つ。

 

Swirl スワール

10 36 68

1949-1962年

ファイヤーキングコレクターによってネーミングされたシリーズ

シェルともよく似ていますがよりうねりが柔らかく優しい印象のデザイン。

 

Charm チャーム

J32 J64 140

1950-1956年

唯一スクウェア型のフォルムとシンプルなデザインが特徴的なシリーズ。

四角い食器はモダンな雰囲気が漂い非常に人気の高いシリーズです。

 

その他にも沢山種類があります。

ぜひ探してみてくださいcafe

| | コメント (4) | トラックバック (0)

*あみぐるみ

ぬいぐるみは縫って作ってぬいぐるみ

編みながらつくるのであみぐるみです。

ということは本体は「ぐるみ」なわけです。

  

かぎばりを使って丸く編んでいきます。

頭、胴体、手、足を別々に編んでいき最後に合体です。

 

どの子も可愛いのですがお気に入りはこちら↓

「かえるの合唱byくまお」

Amigurumifuyu003     

「くまこ」

毛足の長い毛糸でお顔を編んでみました。

Kumagon620img450x6001207114004img_0

お1人作るのにだいたい5時間位かかります。

目と鼻の位置これが重要です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »