« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

WIRED KITCHEN

今回のおすすめはWIRED KITCHENです。

101

こちらは最近chiyaが注目しているカフェ・カンパニーの系列店です。

   

WIRED CAFEは有名ですがさいたま市ステラタウンにある

こちらのお店はキッズメニューもありファミリーで楽しめるというコンセプト

098

お店の中には、絵本やおもちゃなど 

子供が楽しめるものが沢山飾ってあります。

    

お子様用オーガニック離乳食

ボリュームたっぷりのメニュー

ワンちゃん用のジャーキーまで用意されています。

(わんこも一緒に入ることが出来ます)

  

お子様と一緒に

お友達同士

ワンちゃんの散歩の途中に

など気軽に行けるお店です。

  

今回はお買い物がてらステラに遊びに来たので旦那様とランチをする事に。

094  092

茄子のアラビアータと

タコライスをチョイス。

お野菜のしゃきしゃきさとスパイスがよく効いたひき肉

ごはんとマヨネーズ 

それぞれが絶妙にあわさって

とても美味しいです。

  

タコライスって本来は沖縄生まれだそうです。

食べる前はタコが入ってるんだと誰しも思いましたよね!?

  

ワッフルやデザート類も充実していたので今度はデザートを

食べに来たいと思っています。

099

インテリアが崩されたようでうまくまとまってるさまがお気に入りです。

  

WIRED KITCHEN

住所:埼玉県さいたま市北区宮原町1丁目 854 -1 ステラタウン1F

電話番号:048-651-9700

営業時間:11:00~23:00

定休日:なし

| | コメント (2) | トラックバック (4)

「恋愛寫眞」

監督:堤幸彦

出演:松田龍平・広末涼子

510znv7xzel_ss400_

世界を描く彼女と、彼女の世界を辿り歩く彼の話。  

写真を撮る人の才能が一体何で決まるか知らない。

そのフィルターをのぞいた先に同じものが見えるなんて分からない。

でも気持ちの表現はいろんな形でできるんだなって思いました。

    

彼女は彼と同じ世界を観たいと願った

彼は彼女の才能に嫉妬を覚えた

 

でもそれだけ

それは彼次第で変えられたのかもしれない。

  

憧れ、慢心、嫉妬。

そんな様々な感情やシャッターの心地よい音。

綺麗で雰囲気のある作品でした。

 

静流(広末涼子)の笑顔が本当にかわいかったです。

 

終盤は受け入れられない部分がありますが

それでも見終わると素直に写真を撮りたくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

「死ぬまでにしたい10のこと」

監督:イザベル・コイシェ

出演:サラ・ポーリー

51fk1tygr6l_ss500_

candy

ジンジャー味の

甘いけど辛い

そんな自分の人生。

 

終わりを自覚した途端、人は時間の密度があがる。

これはそうならないとわからないこと。

そうなっても悲しいことに、いつかは風化してしまう。

なかなか「いま」に集中していくことができません。

でもそれが人間なんだろうと思います。 

 

my life without me

自分のいない自分の人生に、

家族を想う気持ちと

自分を想う気持ちが

アンバランスに淡々としていて

考えさせられました。

 

もしものことがあったら

会おうと思った人にもう会えない

ありがとうって言い忘れてるかもしれない。

   

ひとことが大事なことで

簡単なことなのに難しいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

MAMA TARTE DAIKANYAMA (ママタルト)

今回のおすすめはMAMA TARTE DAIKANYAMA (ママタルト)です。

こちらのお店は代官山の裏通りにある手作りパイのお店です。

117   F0021838_18321347

   

いっぱいの緑に囲まれているお店は、

外国の田舎町を訪れているようで都会の喧騒とは無縁のようです。

  

最近、緑と一緒に過ごすことが多いchiyaですが

沢山のハーブや季節の花々が

元気にお日様に向かっている姿は、とてもいきいきとしていて

愛情こめられて育ってることにオーナーの人柄の良さを感じられます。

118_1

そして、店内は大事な時間を刻んできたであろう古いものたちが

きれいに、でも適当に並べられています。

132_1

 

1Fが禁煙席で2Fが喫煙席になります。

わんこもOKです。

120

パイやキッシュは毎日その日の分だけを焼くそうです。

 

パイは大きくふたつに分けて

“お菓子のパイ”と

甘くない“おかずのパイ”の2種類。

 

どちらもその季節にあわせた旬のものをいただくことが出来ます。

今回いただいたのはイチゴパイです。

125

近主流の洗練されたケーキも素敵だけど、

こういう手作りといった感じの素朴なケーキは、

作り手の愛情を感じることが素直にできるような気がします。

130

MAMA TARTE DAIKANYAMA (ママタルト)

住所:渋谷区恵比寿西2-15-9

TEL:03-3770-0620

営業時間:11:30 ~ 20:00(L.O.19:30)
       木曜11:30 ~ 18:00(L.O.17:30)

定休日:月曜(祝日の場合は翌日休み)
          冬場20日間・夏場40日間の休みあり 

| | コメント (2) | トラックバック (4)

「ロストイントランスレーション」

監督:ソフィアコッポラ

出演:ビル・マーレー、スカーレット・ヨハンソン

51j0zkt0p9l_ss500_

恋愛の映画では・・・ないんです。

楽しい話でも

感動する話でもないです。

見終わって、何かを得られるかは疑問。


しかし、とても共感する

『孤独感』

   

この作品が映す東京は、私にとっても異次元空間でした。

異文化間に飛び込んだ時に人が感じる孤独感や嫌悪感、

疎外感を共感し孤独を共感するんです。

    

心の中にある自分でも説明のできない部分。

 
それを感じさせてくれたような気がします。

    

毎日の日常の中で何かを求めていても

それを得るのは、やっぱり毎日の日常なんです。

    

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「女は女である」

監督:ジャン・リュック・ゴダール

出演:ジャン・ポール・ベルモンド, アンナ・カリーナ

318fqqkgwcl_ss500__1

ゴダールが始めて色を使った映画です。

 

アンジェラとエミールの住む部屋のインテリア。

エミールの働く本屋さんでカラフルな色彩にいるアンジェラ。

アンジェラの粋なファッション。

 

色を使うことを楽しみながら映画を作っている

セリフも音楽も動きも全てが色彩を感じます。

  

アンナ・カリーナ

ほんと可愛いです。

家の中で自転車に乗っちゃう可愛さとか

ベッドに入るときなにげなく足のほこりをはらうところとか 

彼女がくるくると動くだけでドキドキしちゃいます。

Photo_14

理屈ぬきにアンナを通して女であることを楽しめる映画です。

 
女の気まぐれそれに伴う感情

女のわがままそれに伴う気持ち

女の愛情それに伴う想いが

ギュッとつまってるのでそこをぜひぜひ見てみて欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

Barbara Sweetable

今回のおすすめはBarbara Sweetableです。

こちらは大宮ルミネ1Fにあるシフォンケーキとガレットが有名なお店です。

Dsc00258

むらさきを基調とした店内は大人のイメージです。

デパートに入っているので賑やかな場所ではありますが

落ち着いて食事することが出来ます。

今回のゲストは、年下なのにとても頼りになる親友のMちゃん

   

こちらのお店は「ヘルシー&ナチュラル」をコンセプトにしているお店で

栄養のバランスが考えられたメニューをイートインで頂くことが出来ます。

 

本来はシフォンケーキのテイクアウトが有名です。

  

今回頂いたのは

生ハムとアボカドの菜園風サラダガレット

トマトの冷製スープ 1,000円

Dsc00250   Dsc00243_1

ガレットとはフランス ブルターニュ地方で主食とされているそば粉のクレープ

ガレット=そばの生地=塩味

クレープ=小麦の生地=甘味 と分けて考えられてもいるようです。

 

見目に緑の野菜が鮮やかで半熟卵を崩していただきます。

野菜それぞれの美味しさと、ドレッシングの控えめさ、

ミネラルたっぷりのガレットが

それぞれあわさっていてとても美味しかったです。

こちらはMちゃんが頂いたとりとバジルソースのガレット

Dsc00246

   

お店は新宿や横浜にもあり、

そちらはブラッセリー(食堂)をコンセプトにしたお店との事

又違った楽しみ方が出来そうです。

今回はガレットだけで満足してしまったので今度はシフォンケーキを

頂きたいと思います。

Dsc00238

Barbara Sweetable

住所:さいたま市大宮区錦町630番地 ルミネ大宮店1階

電話番号:048-649-6494

営業時間:AM10:00~PM9:00

定休日:不定休  

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「ブラッドダイヤモンド」

監督:エドワード・ズウィック

出演:レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・コネリー

Photo_11

見終わって思う。

重かった。深かった。痛かった。

利権をえるために終わりなく続く紛争。

そんなことも知らずに平々凡々と暮らし、

ダイヤモンドに少なからず憧れている事

すごくくだらなく、情けなく思えました。

 

富める国々が繁栄を享受するために、

一方でこのような現実と戦い続ける人々がいる。

そういうシステムの上で生きている自分に

いったい何ができるのだろうと考え込んでしまいました。

 

細かな国際情勢についての知識は

私には、あまりないだろうと思います。

むしろ知ろうともしていなかったのかもしれません。

これからも、知らないまま生きていくんだろうと思います。

  

もしかしたら人によっては、

批判的な感情を抱く方もいるかもしれませんが、

観る価値のある映画だと思いました。

  

誰かの幸せのためにどこかで誰かが傷ついている。

そんなレベルの話ではありません。

命がかかっています。

 

あまりの残虐な行為の映像に思わず目をそらしたくなったけれど、

これが現実なのだと理解することから

はじめなくてはいけないと思いました。

    

自然はこんなにも美しいのに、

人間とはいかに罪深いものかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

CHUM APARTMENT

今回のおすすめはCHUM APARTMENTです。

Photo_7

こちらはタレントのちはるさんがオーナーをなさっているカフェです。

以前は、青山にchumとしてあったお店も小さくて雰囲気のある

お店で大好きでしたが2005年の暮れに中目黒に移転になりました。

  

倉庫をリノベーションしたお店は

一見ガレージ風で狭そうに見えますが中は開放感があり広いつくりです。

Photo_9

入り口付近から自然光が入りそれとあわさるようにアンティークランプが

あたたかい光を照らしている店内はとても雰囲気があります。

Photo_8

中にはお店もあり異国溢れるインテリアと、

アンティークやジャンク物など

歴史を感じさせるようなモノたちにあふれうっとりしてしまいます。

 

ちはるさんのセンスは以前から好きでインテリアなども

参考にさせてもらっていますが本当に素敵なお店です。

 

旦那様は麻婆定食を、chiyaはシュー素材のイチゴのケーキを頂きました。

111       110_1

麻婆定食はとても丁寧に作られていてお味噌汁も御飯も

本当に美味しかったです。

イチゴのケーキは、生クリームが甘すぎずシュー生地なので

ぱりぱりしていると思ったのですが柔らかくて何個でも食べれそうでした。

 

こちらはお寿司のカウンターもあり夜には職人が握る本格的なお寿司が

楽しめるそうなので今度は夜に来て見ようと思います。

 

2Fは絵画教室や作品展などをやっている多目的スペースとの事。

今回はchum de pop展を開催していました。

コースターなどの手芸品から

アンティークの骨董品など

色んなアーティストの方の作品が並べられていました。

こちらを見るだけで楽しいです。

 

今回はちはるさん本人にお会いすることが出来ました。

とても気さくな方で帰る際には挨拶をしてくださり

彼女の人柄もとても好きになってしまいました。

 

ちなみに旦那様は、恋してしまったようです(笑

Photo_10

CHUM APARTMENT

住所:東京都目黒区下目黒2-23-3

TEL:03-3490-2921

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」

監督:ジョン・キャメロン・ミッチェル

出演:ジョン・キャメロン・ミッチェル

51p5tjb7rnl_ss500_

自分の好きなように生きるべきです。

間違ってても、

傷ついても、

先が見えなくても。

  

泣きたいときは泣いて、

叫びたいときは叫んで、

やりたいことをやるべきです。

全てのものは無駄ではないのですから。

 

運命の相手は必ずいてその人に会うために生まれてきたんだなあ。

そう素直に思わせてくれるピュアで素敵な映画でした。

是非、色んな人に見てほしい映画です。

 

サントラすごいおすすめですconfident

| | コメント (0) | トラックバック (1)

民芸茶房 木亭

今回のおすすめは「民芸茶房 木亭」です。

武甲山を背に、秩父の町並みに溶け込んだ素敵なお店です。

Photo_1      040      

この家屋は江戸時代に建築され、

養蚕の蚕室として使用されてきたものということです。

調べてみると秩父といえば“おかいこ”に桑の葉を与えて育て、

白い繭玉にしてから蚕糸工場に納めるという

養蚕農家が数多くあったようです

しかし今では、桑畑を目にすること自体がなくなってしまいました。

 

大きく太い梁がむき出したこちらは、そのころの蚕室だったのでしょうか?

 Photo_13      Photo_2         

店内は、重厚な梁や柱で構成された空間に、

明治時代に作られたタンスや、

大正時代のランプシェードなどが配され、

懐かしく落ち着ける雰囲気が漂っています。

今回のゲストは、

あたたかくてとても仲の良い私の理想とする旦那様のご両親

  

今回、頂いたのは、ミックスサンドと炭焼き珈琲です。

Photo_5

ミックスサンドは、野菜がとても冷えておりシャキシャキの歯ごたえと

からしマヨネーズがあっていてとても美味しかったです。

 

こちらは、ギャラリーもあり色んな作品を見ながらくつろぐ事ができます。

 

帰るときには、オーナー手作りの素敵なメモ帳を頂き心も一杯になりました。

Memo  

民芸茶房 木亭 

住所:埼玉県秩父市野坂町2-15-16

℡:0494-24-7841

  

秩父ではGWの今、羊山の芝桜がとても綺麗に咲いています

*別名 花爪草(はなつめくさ)

地をはうように密生し、葉は細長くかたい。

春に淡桃・赤・白色などの花をつけます。

1_2 Photo_6    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「69 sixty nine」

監督:李相日 リ サンイル

脚本:宮藤官九郎

原作:村上春樹

6160zbhkrql_ss500_

人生楽しんだ者勝ち!?

  
この映画を見るとそう感じることが出来ます。

若い頃は二度と戻らない。

だからバカをやり、悩み、喧嘩をする。

でも楽しければいい。

   

なんて

単純だけど大事な哲学。

   

勢いやテンションの高さだけが目立つかもしれないけど、 

そこには「友情」とか「親」とか、「69年」という時代とか、

いろいろなメッセージが詰まっていると思います。

 
先のことを考えることも大事だけど

「今を楽しむ」って事もとても大事。

そして、それは現実になかなかできないことだったりする。

もし自分が男の子ならこういう青春を送ってみたいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »